妊娠 貧血 食事

妊娠 貧血 食事

 

妊娠線予防クリーム | おすすめ&人気ランキング2014

妊娠線クリーム

 

一度できた妊娠線は、薄くすることはできても消すことは出来ません。後悔をしてしまう前に、しっかりと妊娠線の予防&ケアをすることが重要です。

 

産後の妊娠線を防ぐ&少しでも消す方法を、おすすめ&人気ランキング形式で紹介したいと思います。参考になれば幸いです。

 

妊娠線クリームのおすすめ&人気ランキング!

 

ベルタ 妊娠線クリーム

妊娠線ケア&予防で実績のある、シラノール誘導体を配合!
美容成分や葉酸、その他妊婦さんに大人気の成分を配合!

 

すでに海外では実績&評価の高い、シラノール誘導体を含有。臨床による検証でも、初産婦の方の86%が「非常に良い&良い」と回答しています。

 

美容成分であるスーパーヒアルロン酸/コラーゲン/プラセンタをしっかりと配合。細胞活性化&亀裂を埋めるサポートをする、葉酸も含有。

 

アミノ酸3種(アスパラギン酸/アルギニン/グリシン)が、うるおい・保湿・浸透率を高めます。ビタミン2種(アスコルビルグルコシド/トコフェロール)が、肌への浸透率を上げて美白に導きます。

 

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

助産師&先輩ママの協力で商品化された、妊娠線ケアクリーム!

 

スーパーヒアルロン酸/ダブルコラーゲンがうるおい力の秘密。ダブルセラミドで乾燥から守り、カレンデュラオイル/アルガンオイル/ツボクサエキスなどが弾力のあるお肌に。

 

キャリネス ボディクリーム

 

保湿&肌の弾力をキープする成分を、たくさん配合!
2児のママ&美容皮膚科医が開発した、妊娠線ケアクリーム!

 

真皮に届くシラノール誘導体、保湿力の高いスクワラン/ヒアルロン酸/ホホバ油などを含有。

 

美容皮膚科医が2児を出産した経験をもとに、開発&商品化しているので説得力が違います。

 

オイルで選ぶなら、こちらがオススメ!

AMOMA マタニティタッチオイル
保湿力が最も高い、オイルタイプ!
100%天然&無添加のオイルで、3種の精油を配合!

 

保湿力は、オイル>クリーム>ローションの順に高くなります。保湿を求める場合、オイルが最も適しています。

 

妊娠線ケアの為に、パルマローザ精油/フランキンセンス精油/マンダリン精油などを配合。マタニティアロマセラピストも認める、優れた効果を期待できます。

 

できた妊娠線を薄くしたいあなたには…

プラジェントラ クリーム プラス
妊娠線ケアに重要な、EGF・FGF・PGA成分を贅沢に配合!
天然の美容成分を惜しみなく配合!

 

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)で肌のみずみずしさを促し、FGF(ヒトオリゴペプチド-3)で肌に潤いとハリを与え、PGA(ポリグルタミン酸)でヒアルロン酸の100倍の保湿効果をもたらします。

 

椿油/ユーカリ葉エキス/緑茶エキス/甘草根/ゆず果実エキス/PGAなどの、美容成分を含有。

 

妊娠線を予防するためのポイント!

 

かゆみが出る前に、妊娠線ケアを始める。

妊婦さんのお腹が出始めるのは、妊娠4ヶ月頃。5ヶ月頃になると急激に体重も増加し始める傾向にあります。そうなる前の妊娠初期から、妊娠線予防&ケアを始めることが重要となります。

妊娠線の原因となる真皮・皮下組織の断裂時に、表皮が引っ張られることでかゆみを生じます。かゆみが出ている場合は妊娠線ができる前兆なので、すぐにケアをする必要があります。

 

肌の表面だけでなく、真皮まで保湿することがコツ。

妊娠線の原因は、急激な体重増加による皮膚の伸び。肌の表面は柔軟性があるので伸縮して問題はありませんが… 真皮はそれに対応しきれず奥で裂けてしまいます。その後遺症が妊娠線ですね。

 

なので、肌の奥にある真皮・コラーゲンを保湿させることがポイントとなります。クリーム&オイルによる保湿ケアはもちろん、マッサージや食事に配慮するなどのキメ細かいケアが大切になります。

 

シラノール誘導体を配合しているクリームに、実績が多い。

海外でも妊娠ケア化粧品は数多くありますが、その中でもシラノール誘導体を使用した製品にたくさんの実績が認められています。臨床による検証では、初産婦の86%が「非常に良い&良い」という回答をしています。

 

40代 妊娠
葉酸サプリ 無添加
猫 ダイエットフード